2017-09-13

iPhone X が発表された

2017-09-13 (水) 02:00、Apple のイベントが開催されて、One more thing... として iPhone X が発表された。

iPhone X は 2017-10-27 (金) 予約開始。2017-11-03 (金) に発売開始。ストレージ・サイズは 64 GB と 256 GB の 2 つ。色はシルバーとスペース・グレイの 2 色展開。64 GB モデルは 112,800 円、256 GB モデルは 129,800 円

全面ディスプレイと Face ID

iPhone X の特徴は全面ディスプレイ。表面のほとんどがディスプレイになった。

iPhone にあったホーム・ボタンはなくなった。ホーム・ボタンの代わりはジェスチャーやサイド・ボタンが担う。ホーム・ボタンに付いていた Touch ID も消えた。代わりに Face ID と呼ばれる顔認証が導入された。

Super Retina Display

Apple は iPhone X の画面を Super Retina Display と呼ぶ。サイズは 5.8 インチ。解像度は 2,436 x 1,125 (458 ppi)。iPhone 8 Plus の 5.5 インチ、1,920 x 1,080 (401 ppi) より大きく、広く、そして画面密度が高い。

画面サイズは大きくなったけど、全面ディスプレイなので大きさは iPhone 8 Plus より小さい。iPhone X が 143.6 x 70.9 mm に対して、iPhone 8 Plus は 158.4 x 78.1 mm。

ディスプレイは OLED ディスプレイを採用し、HDR にも対応している。iPhone 8 Plus は従来通りの ISP ディスプレイで、HDR には対応していない。

ホーム・ボタン代替

全面ディスプレイになってホーム・ボタンが消えた。代替操作は次の通り:

  • ホームへ戻る (ホーム・ボタンを 1 回クリック): 画面を下から上へスワイプ・アップする
  • アプリ・スイッチャー起動 (ホーム・ボタンをダブル・クリック): 画面を下から上へスワイプ・アップする途中で少し指を停める
  • コントロール・センター起動 (画面を下から上へスワイプ・アップ): 画面を上から下へスワイプ・ダウン
  • Siri (ホーム・ボタンを長押し): サイド・ボタンを長押し
  • Apple Pay (ロック画面でホーム・ボタンをダブル・クリック): サイド・ボタンをダブル・クリック

以上の操作に加えて、画面の下をスワイプするとアプリを切り替えることが可能になっている。

そういえば通知センターがコントロール・センターのジェスチャーに上書きされてしまったけど、どうやって呼び出すんだろう?

Face ID

Touch ID がなくなって、Face ID が採用された。iPhone X の前面カメラで「顔」を認証に用いる。Touch ID で出来ることは、Face ID が全てサポートする。つまり、画面のアンロック、認証、Apple Pay の支払いは全て Face ID に置き換えられる。

Face ID の精度は高い、と Apple は言う。Touch ID (指絞認証) の精度が 1 / 50,000 人だったのに対し、Face ID は 1 / 1,000,000 人。写真やマスクでの突破は出来ないとしている。

また、帽子をかぶったり、眼鏡を着ける程度では別人として認識しないらしい。

カメラ

iPhone X の前面カメラ (TrueDepth カメラ) はポートレート・モードをサポートする。

iPhone X の後面カメラは (iPhone 8 Plus と同じように) デュアル・カメラ。ただし、iPhone 8 Plus が横にカメラがならぶのに対し、iPhone X は縦にカメラがならぶ。

なお、iPhone 8 や X のポートレート・モードはポートレート・ライティングなる新機能が付く。照明のエフェクトを変更できるという機能。ベータ版と案内されているので、iOS 11.0 には間に合わないかもしれない。

アニ文字

アニ文字 (Animoji) はアニメーション絵文字を作る機能。元になる絵文字 (パンダとか犬とか) が用意されていて、アニメーションを組み合わせる。アニメーションはカメラから撮影した顔の表情を参考にして作られる。

アニ文字をサポートしているのは今のところメッセージ・アプリのみ。iPhone X 同士でメッセージを送る時に使える。

バッテリー

iPhone X は iPhone 7 や iPhone 8 と比べて、2 時間バッテリーが長持ちする。iPhone 8 Plus との比較は (今のところ、公式には) ない。iPhone X は iPhone 8 Plus より小さいので、iPhone 8 Plus よりバッテリー容量は小さいんじゃないかと思う。

あと iPhone 8 Plus と同じように Qi によるワイヤレス充電にも対応した。

あとがき

画面サイズが広がったことより、ホーム・ボタンがなくなったことの方が気になる。使いこなせるのかな? iPhone 発売以来、必ずホーム・ボタンがあった。ホーム・ボタンがなくなって慣れるのかな? 心配と期待。

なお、WWDC アプリの中にいくつかビデオが追加されている。「Bulding Apps for iPhone X」や「Designing for iPhone X」など。開発者の人は見てみると良いかも。

iPhone 8 が発表された

2017-09-13 (水) 02:00、Apple のイベントが開催されて、iPhone 8 と iPhone 8 Plus が発表された。Apple は iPhone 3G (第 2 世代 iPhone) 以降、マイナー・アップデートに当たる s モデルとフル・デザイン変更を 2 年サイクルで行なってきた。10 年目の 2017 年、iPhone 7s はスキップされた。

iPhone 8 / iPhone 8 Plus は 2017-09-15 (金) 予約開始。2017-09-22 (金) に発売開始。ストレージ・サイズは 64 GB と 256 GB モデルの 2 つ。色はシルバー、ゴールド、スペースグレイの 3 色展開。64 GB モデルは 78,800 円 (税別)、256 GB モデルが 89,800 円 (税別)。

スペック

CPU/GPU に 6 core / 64bit アーキテクチャーの A11 Bionic チップを採用。

ディスプレイには iPad Pro でおなじみの True Tone ディスプレイが採用された。カメラはビデオ撮影で 4K/60fps、1080p/240fps が可能になっている。

Qi 対応

iPhone 8 は Qi に対応する。Qi は近接無線充電の方式。Qi 充電用のマットの上に iPhone を置くと、充電が始まる。充電ケーブルが挿す必要がない。

iPhone 8 は Qi に対応するけど、Qi 充電器は別売。別途購入する必要がある。

Apple は Apple Watch や AirPods も同時に充電できる Qi 充電器 AirPower も発表している。こちらは 2018 年発売予定。iPhone 8 発売には間に合わない。

Qi 充電器を使わない場合は、今まで通り Lightning ケーブルから充電する。

あとがき

iPhone 8 は背面にもガラスが使われる iPhone 4 のような見た目になった。これを iPhone 7s と呼ぶことは出来ないけれど、iPhone 7 から iPhone 8 への変更としては、インパクトもそれほど大きくなかった。

iPhone 8 と同時に発表された iPhone X に注目が集まりそう。

Apple TV 4K が発表された

2017-09-13 (水) 02:00、Apple のイベントが開催されて、Apple TV 4K (第 5 世代 Apple TV) が発表された。

Apple TV 4K は 2017-09-15 (金) 予約開始。2017-09-22 (金) に発売開始。モデルはストレージ・サイズ違いで 2 つ。32 GB モデルが 19,800 円 (税別)、64 GB モデルが 21,800 円 (税別)。

スペック

Apple TV 4K が採用するチップは A10X Fusion チップ。現行 iPad Pro と同じチップ。これは現行 Apple TV 第 4 世代と比べて 2 倍の CPU パフォーマンス、4 倍の GPU パフォーマンス。

4K + HDR

4K 出力と HDR (High Dynamic Range) に対応する。

Apple TV で楽しめる 4K コンテンツは、iTunes からも配信する予定。iTunes の 4K コンテンツは HD コンテンツと同じ値段で提供するとのこと。もし HD の映画を購入済みなら、4K HDR への自動アップグレードが行われる。iTunes の他に 4K コンテンツを提供しているのは Netflix, Amazon Prime Video オリジナル・コンテンツなど。

TV アプリ

Apple TV 4K に限った話ではないけれど、アメリカのみで提供されていた TV アプリが、他の国にも提供される。対応国は次の通り: オーストラリア、カナダ (ここまで今月末)、イギリス、フランス、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン (2017 年末)。

日本はまだかな?

あとがき

Apple TV の動きがもっさりしているとか、4K TV を持っているのに活かしきれていない、という人には待望のアップデートだと思う。

ぼくは、4K TV を買うのが先かなぁ。

Apple Watch series 3 が発表された

2017-09-13 (水) 02:00、Apple のイベントが開催されて、Apple Watch series 3 が発表された。

イベント内では特に言及されていなかったけど、Apple Watch Nike+, Hermès, Edition も series 3 が発発される。

Apple Watch series 3 は 2017-09-15 (金) 予約開始。2017-09-22 (金) に Apple Watch 無印, Hermès, Edition が発売開始。Apple Watch Nike+ は少し遅れて 2017-10-05 (金) に発売。Apple Watch series 3 には新しく Cellular モデルが追加された。これにより、Cellular のないモデルを GPS モデル、Cellular 対応モデルを GPS + Cellular モデルと呼び分ける。GPS モデルはアルミケースのみで 36,800 円 (税別) から、GPS + Cellular モデルはアルミ、ステンレスの 2 種で 45,800 円 (税別) から。

なお、Apple Watch series 2 の発売は終了。旧モデルは Apple Watch series 1 が残る。

スペック

GPS モデル、GPS + Cellular モデル共通のスペックについて。

series 2 からの変更点は小さい。チップが S2 から S3 に変更されて高速化された。またワイヤレス・チップとして新たに W2 チップを搭載する。AirPods や BeatsX に搭載されたワイヤレス用のチップ W1 の後継チップかな? W2 チップのおけげで、Wi-Fi が 85% 高速化している。

Apple イベントでは Siri が「声で返事」してくれるようになると言っていた。これが series 3 の新機能なのか、series 2 も対応するのか良く分からない。Apple Watch にはスピーカーがあるので、旧モデルでも返事は出来そうなものだけど... イベントではプロセッサーが速くなったので Siri が話すようになったと言っていたから、series 3 だけの機能なのかも。ちなみな series 1 の Siri は「返事」をしてくれない。

Cellular

GPS + Cellular モデルは、ついに iPhone なしでインターネット接続に対応する。iPhone なしで電話がかけられるのはもちろん、通知を受け取ったり、マップ表示や道案内をさせたり、Apple Music を聴くことが可能になる!!

日本では DoCoMo, au, SoftBank が通信事業者として名前が挙がっている。Apple Watch と iPhone で使う通信事業者は同じでないといけない。SIM は電子 SIM (ソフトウェア SIM)。

Cellular では、Apple Watch の全面ディスプレイがアンテナになるという。

イベントでは湖上でサーフ・ボード (?) に乗っているエンジニアと Apple Watch で電話をするデモが行なわれた。パドルを持ってる腕に巻かれた Apple Watch が音を拾っていたらしいけど、マイクの感度が普通の電話のようで凄かった。

あとがき

Apple Watch series 3 GPS モデルは、series 2 の高速化 (S3 チップ)・省電力化 (W2 チップ) モデルと考えて良いかもしれない。それくらい変更点が小さい。series 2 の発売が終了したというより、series 3 GPS モデルとしてマイナー・アップデートしたと考えると良いのかも。

GPS + Cellular モデルは iPhone なしでの活動範囲が広がるので、かなり使い勝手が変わるんじゃないかな。今は iPhone がないと使いものにならないので、iPhone を手離せないのだけど、series 3 があれば iPhone を持ち歩く頻度が減るのかな? どう生活スタイルが変わるのか、自分でも想像できない。

Apple イベント 2017 速報

2017-09-13 (水) 02:00 に Apple のイベントが開催された。場所は Apple Park (新 Apple キャンパス) の Steve Jobs Theatre。本イベントでは 5 つの新プロダクトが発表された。

  • Apple watch series 3
  • Apple TV 4K (5th gen)
  • iPhone 8 / iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • AirPower

2017 年 6 月の WWDC 2017 で発表された iPad 及び HomePod について触れられることはなかった。HomePod の近況は興味あったんだけどな。

一行コメント

Apple watch series 3 の目玉は LTE 対応。iPhone なしで電話がかけられる。マップが見れる。Apple Music が聴ける!

Apple TV 4K は第 5 世代 Apple TV。第 4 世代の発表が 2015 年 9 月なので、2 年ぶりのアップデート。目玉は 4K と HDR 対応。

iPhone は 3 モデルが発表された。iPhone 8 と iPhone 8 Plus、そして iPhone X。iPhone 7s はスキップされた。iPhone X は iPhone Ten と呼ばれていた (iPhone 10 が出た時、どうやって区別するのかな?)。iPhone 8 は近接無線充電 Qi に対応する。iPhone X は Qi 対応に加えて、全面 OLED ディスプレイを採用、さらにホームボタンと Touch ID を廃止して Face ID (顔認証) への切り替えを図る。

AirPower は Apple がリリースする Qi 充電デバイス。iPhone 8 / iPhone X / Apple Watch (series 3 だけ?) / AirPods を置くだけで充電できる。

Apple TV 4K と Apple Watch series 3、そして iPhone 8 / iPhone 8 Plus は 2017-09-15 (金) 予約開始、2017-09-22 (金) から発売開始。iPhone X は 2017-10-27 (金) 予約開始、2017-11-03 (金) 発売開始。AirPower は 2018 年発売予定。

あとがき

今年の発表会は淡々と進んだイメージ。大きく盛り上げようという雰囲気は感じられず、ことあるごとに Steve Jobs への敬意が表されていた。iPhone 10 周年を迎えて、Jobs に哀悼の意を表しているのかしらん。変なパフォーマンスで空回りしたりするよりかは良かった。

2017-07-13

AutoComplete で C-n, C-p を補完選択に使う

Emacs で auto-complete パッケージで。補完の選択に C-n, C-p を使いたい。.emacs.el に次のコードを追加する:

(ac-config-default)
(add-hook 'auto-complete-mode-hook
          (lambda ()
            (define-key ac-completing-map "\C-n" 'ac-next)
            (define-key ac-completing-map "\C-p" 'ac-previous)))

これだけ。

今まで矢印キーでしか補完の選択候補を選べなかったのが、C-n, C-p でできるようになった。便利。

ref

このやり方は ryfjwr 氏の gist で知った。

2017-07-05

技術書クラウド・ファンディング「iOS 11 Programming」プロジェクト成立

PEAKS で出資を募っていた技術書クラウド・ファンディング「iOS 11 Programming」が、目標の 500 人を達成しプロジェクトが成立した。プロジェクトの出資受付開始が 2017-06-26 (月)。プロジェクト成立の報告は 2017-07-04 (火)。8 日で 500 人分の出資が集まった。

2017-07-05 (水) 現在、548 人が出資済。出資は 2017-07-28 (金) 23:59 まで受け付ける。

書籍のリリース予定日は 2017-10-23 (月)。

なお、PEAKS のページには、著者の一人である加藤尋樹のインタビューが掲載されている。

あとがき

プロジェクト成立おめでとうございます。

ぼくも出資したので人ごとじゃない。本が読めるのが楽しみ。

あと出資者のアーリー・アクセス特典:

これはどんな形で提供されるのかな? 今からワクワク。

2017-06-28

iOS 11 Programming -- 技術書クラウド・ファンディング出資募集中

PEAKS が iOS 11 の新機能に内容を絞った技術書のクラウド・ファンディングを開始した。PEAKS が技術書クラウド・ファンディングを行なうのは、今回が 2 度目 (1 度目は出資数未達により不成立)。出資体系は 2 つ: 電子版 + 製本版が 5,500 円、電子版のみが 4,000 円。クレジット・カード支払い。500 人の出資でプロジェクト成立。2017-06-27 (水) 9:05 現在 285 人が出資済。〆切は2017-07-28 23:59。目標人数に達しなかった場合、プロジェクト不成立。決済は行なわれない。

以下、プロジェクト概要より抜粋:

2017年6月5日、WWDC 2017 において発表された「iOS 11」はiOS 7のようなUIの派手な変更こそないものの、ARKit, Core MLなどの新しいフレームワークや新機能・アップデートが多く、大きな話題を呼んでいます。 しかし近年のiOSは複雑さを増しており、その全容を把握するのは困難となっています。

そこで本書はiOS11の新機能・アップデート内容を把握し、応用できるような内容を目指します。

PEAKS(ピークス)|堤 修一 吉田 悠一 池田 翔 坂田 晃一 加藤 尋樹 川邉 雄介 岸川 克己 所 友太 永野 哲久 - 第一線の開発者陣による「iOS 11 Programming」執筆プロジェクト! より引用

期待の執筆者は次の 9 人 (/ の後に担当する章を記述):

  • 堤 修一 / ARKit; Metal 2
  • 吉田 悠一 / Core ML
  • 池田 翔 / Swift 4
  • 坂田 晃一 / Xcode 9
  • 加藤 尋樹 / Drag and Drop; Files and Document Based Application
  • 川邉 雄介 / UIKit Guideline, AutoLayout
  • 岸川 克己 / Core NFC; PDFKit; SiriKit
  • 所 友太 / HomeKit
  • 永野 哲久 / 概略; Audio and Media

iOS どころでは有名な人達ばかりなので、とても楽しみ。各著者の説明や過去の著作については提さんのブログ記事にまとまっている。

とても面白そうなので、ぼくは昨夜のうちに出資してみた。期待を込めて、電子版 + 製本版の方を! プロジェクトが成立すると良いな。

ref.

2017-06-13

iPad Pro 12.9 第 1 世代と第 2 世代のスペック比較

2017-06-06 (火) の WWDC 2017 において iPad Pro 12.9 インチの第 2 世代が発表された。遅まきながら、第 1 世代とのスペックを比較してみた。

iPad Pro 12.9 インチ第 1 世代と第 2 世代の比較

例によって、優れている点を青字にした。

第 1 世代第 2 世代
プロセッサーApple A9X + M9Apple A10X Fusion + M10
メモリー4 GB
ストレージ32 / 128 / 256 GB64 / 256 / 512 GB
ディスプレイ12.9 インチ (2,732 x 2,048)
True Tone ディスプレイなしあり
解像度264 ppi
リフレッシュ・レート60 Hz最大 120 Hz (可変)
バックカメラ8 MP12 MP
バックカメラ (ビデオ撮影)1080p HD4K
フロントカメラ1.2MP7 MP
フロントカメラ (ビデオ撮影)720p HD1080p HD
ジャイロスコープあり
GPSあり
気圧計あり
指絞認証Touch ID (第2世代)
NFCなし
Qiなし
高さ305.7 mm
220.6 mm
厚さ6.9 mm
重量 (Wi-Fi)713 g677 g
重量 (Wi-Fi + Cellular)723 g692 g
コネクターLightning コネクター
スピーカー4 個
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac, MIMO
Bluetooth4.2
Apple SIM (Wi-Fi + Cellular)なしあり

あとがき

iPad Pro 12.9 インチ第 1 世代が発表されたのは 2015-09-10。iPhone の発表イベントで iPad Pro も発表された。このイベントでは発売日は 11 月とだけ伝えられ、実際は 2015-11-11 に発売が開始された。遅れること半年、2016-03-22 のイベント「Loop You In」で iPad Pro 9.7 インチが発表された。予約開始は 2016-03-24 だった。

発売日で考えれば 1 年半のサイクルで iPad Pro 12.9 インチは第 2 世代が登場したことになる。

iPad Pro 9.7 インチには 12.9 インチ第 1 世代にはないスペックが色々と盛り込まれていた。True Tone ディスプレイ、Siri ハンズフリーへの対応、Apple SIM 内蔵等々。これらのスペックが 12.9 インチにも搭載される。Kindle の大画面マンガを True Tone ディスプレイで読んだり、置きっぱなしの iPad にむかって Hey Siri と呼びかけたり、海外に出かけた時もサクっと Apple SIM からデータ通信パックを購入したり... そういったことが可能になる。ありがたい。

iPad Pro 12.9 インチの大きさは第 1 世代と変わらないけど、重量が軽くなっている。Wi-Fi モデルで 36 g 減の 677 g、Wi-Fi + Cellular モデルで 31 g 減の 692 g。サイズから考えれば iPad Pro 12.9 インチの重さは軽いのだけど、マンガを何時間も読み続けていると手が疲れる。わずかでも軽くなってくれるのは嬉しい。

iPad Pro 12.9 インチ第 2 世代ではリフレッシュ・レートが最大 120 Hz。表示物によって可変になると言う。リフレッシュ・レートの最大値が増えることで、アニメーションはより滑らかになるだろうし、タッチの反応も良くなることが期待できる。リフレッシュ・レートが可変になることで、静止画を多く見る場合はバッテリーの消費が下がるという予測が立つ。その効果のほどはまだ予想にすぎない。早く実物を触って体験してみたい。

2017-06-10

32bit アプリとさようならする Apple

WWDC 2017 のセッション「Platforms State of the Union」で 32 bit アプリについて言及していたのでメモ。開始 3 分 30 秒頃。

  • iOS 11 では 64 bit アプリしか動かない
  • High Sierra は 32 bit アプリをサポートする最後の macOS になる
  • Mac App Store
    • 2018 年 1 月: 新しいアプリは 64 bit 必須
    • 2018 年 6 月: 全てのアプリ / 全てのアップデートは 64 bit 必須

macOS でも 64 bit 化の波はやってくる。

ちなみに iOS の App Store は現在既に 64 bit 対応していないアプリは申請できない。iOS 11 は 64 bit アプリしか動かないということは、32 bit な端末に iOS 11 が入らないことを意味する。具体的には次の端末は、実質 iOS 11 へのアップデートが出来ない:

  • iPod Touch: 第 5 世代以前
  • iPhone: iPhone 5, iPhone 5c 以前 (iPhone SE は iPhone 5 以降の端末なので大丈夫)
  • iPad: 第 4 世代以前 (iPad Air 1st が出る前のモデル)
  • iPad mini: 第 1 世代

ザクザク古いモノを切り捨てるのは、開発の注力分野を強制的に限定することで、開発サイクルを上げることにつながると思うので、個人的に好き。